怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2009年1月期ドラマ感想 3

やっと一月期のドラマの録画を観終えました(^^)ふう。
そろそろ新ドラマも始まってるしね。
以降、ネタバレしているかもしれません。


○ ヴォイス ~命なき者の声~
まず、法医学という分野に関して。はじめて知ることだらけでした。専門の学部があることも、職業としてのその内容も。非常に興味深く、(決して不謹慎な意味ではなく)面白かったです。
今までは「解剖」と聞くと、正直、「怖い」「もし私が遺族だったらやっぱりかなり抵抗があるだろうな」という気持ちしか湧いてきませんでした。でもこのドラマを通して「亡くなった人の最後の声を汲み取って伝える」という大切な「意味」みたいなものを理解しました。

どちらかというと解剖から得られるデータよりも、亡くなった人の生い立ちや背景・性格・思いみたいなことのほうが重視されて推理が進む展開でしたが、登場人物が若いこともあるし、これはこれで良かったなと思います。毎回、心に響くようなメッセージが込められていて、涙が出る回も多かったです。私は、奥様を亡くされた靴屋さんのお話が一番泣いたかな。

あと、解剖学教室の仲間のやり取りや成長ぶりが面白かったです。チームワークが良くて、見てると学生時代に戻りたくなります。特に瑛太くんの「どうして?」が始まるともめて大騒ぎになって楽しかったですね(^^)


B00201F9EYヴォイス~命なき者の声~ ディレクターズカット版DVD-BOX
瑛太, 生田斗真, 石原さとみ, 遠藤雄弥
ポニーキャニオン 2009-07-01

by G-Tools






  1. 2009/04/18(土) 12:48:22|
  2. 日記・ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/674-f2549aba
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。