怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1月期ドラマ感想 1

ドラマの最終回をなかなか見る事ができません(:_;)
そうこうしてるうちに新ドラマが始まっちゃうよ~~。
今回は何本かまとめて書きますね。以下、ネタバレしています。



○ 薔薇のない花屋
今期一番先が気になったドラマでした。毎回、スタッフロール映像と曲が本当にキレイで好きでした。
野島伸司さん脚本なので、「いつか、正視できないようなとんでもないシーンがやってくる」んじゃないかと…そういう意味でもドキドキして見てたんですが^^;最後まで、なんていうのか…彼の脚本にしては「抑えた」シーンの連続で。でも決して退屈はしなかった。きめ細かい、美しい伏線が至るところにちりばめられていて、とても秀逸なドラマだったと思います。
泣いたのは、慎吾パパが雫ちゃんに「おじいちゃんのところに行け」とわざと辛くあたるシーン。
頭巾をかぶった児童の中から、雫ちゃんを見つけるシーン。
ミオさんが手術台の父親に「戻ってきて」と叫ぶシーン。
最後はみんな幸せになって本当によかった。野島さん、またこういうドラマ待ってます(^^)
あ、先生は慎吾くんじゃなくてマスターのほうに行っちゃったんですね^^;これは予想外だったなあ。

○ 3年B組金八先生(第8シリーズ)
こちらも、今回は安心して見ていられるシーンばかりでよかったです。やっぱり中学生(役)があまりショッキングなシーンを演じるのは心が痛みますから^^;
今回はいろんな生徒にスポットが当たって、それもよかった。
好きだったのは、相撲を頑張る生徒さんのお話。それから、ハーフの生徒さんが米軍人の父に会うシーンは涙ぽろぽろ(:_;)父になんて言おうか、彼は英語を一生懸命勉強したのにね。でもいきなり抱きしめてもらったら、もう言葉は要らないね。
それから、今回も金八先生が怒るシーンはどれも胸が熱くなりました。あの人が怒ると、なんであんなに心打たれるんだろう…。でも、今回は先生の子供たちがどうやら巣立ちの時。まだ耕作くんがいるとはいえ、一時的に先生が一人で晩御飯を食べてるシーンは寂しそうでした。そのうち完全に一人暮らしになっちゃうんだろうなあ…(:_;)保健の先生と再婚しないのかな。
ところで、まさか少子化が「3年B組金八先生」存続に影響するとは…。だってこのまま生徒数が減ると、「B組」がなくなっちゃうんでしょ??「3年A組金八先生」じゃ、やっぱりいやだなあ…(T_T)

○ SP
毎回内容が濃くて面白かったです。
特に最後の「総理警護」のお話はドキドキしましたよ。
でも、予告で岡田くんが拳銃を構えるシーンは、本編を観るとだいたい空想やイメージばかり。まあ、実際、やたらに人がいるところで拳銃を構えるほうがリアリティがないので、これでいいんじゃないかと(^^)
実は観終わってから、今でもちょっとわからないことが。
総理を狙ってた人は結局3人いましたよね?フェイクの狙撃手と坊主頭と平田さん。この中で、警察内部から情報をもらって動いてたのは、誰なんでしょう??全員ですか???
それから、ラスト。「なにい~~~?!!?」と言いたくなるような終わり方。すでにスペシャルの放送が決まってるのね…。楽しみです(^^)



残りの感想はまた次回で。




  1. 2008/03/31(月) 10:34:39|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/624-76c6aee0
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。