怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

毎日30℃を越えてるってのに

いつもコメントありがとうございます!
現在ネームの〆切が近いため、お返事がなかなか書けなくてごめんなさい。
コメントは毎日拝見しています。
お返事は必ず書きますので、少し待っていてくださいね。


それにしても毎日30℃越えだってのに

描いてる話、真冬だよ。

脳内だけ真冬にするって、つらい…(:_;)
左手にアイスやらうちわやら持って描いてたら、全く気分なんて出ないですよ~^^;
漫画小説を書いてる皆さんはこんなときどうしてますか?



  1. 2006/08/19(土) 09:39:51|
  2. 制作近況|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

  

コメント

ツッコミ!

比留間光輝さん
ありがとうございます(^^)blogはツッコミ(ツッコまれ?)やすいので楽しいです~v
そろそろ氷アイスは冷たくて辛い時期になってきました。私はまた来年まで食べないんじゃないかな^^;
  1. 2006/09/18(月) 09:05:32 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

やっぱり自然派?

というか、文字だらけのこの世界で先ほどのツッコミのコメントを
意図的に使われていたとしたら、かなり神懸かり的だと思いますよ(^^)
私にも突然神懸かったように勘づく場合があるので、そのときはコメントさせていただきますね(^^)
気付いたほうがコメントすればいいかな~♪と思えることなので(笑)。
ちなみに、不器用なせいか私も氷アイス棒を持つのは一本が限界ですねぇ……(遠い目)
  1. 2006/09/12(火) 23:20:38 |
  2. URL |
  3. 比留間光輝 #-
  4. [ 編集]

ツッコミv

比留間光輝さん
あ、そこでしたか(^^)こういうやり取りは大好きですので、どうか遠慮なさらずにvでも私も気の利かないところがありますので、気付かなかったらごめんなさい~^^;
ちなみに、私は氷アイスは一回に一本が限界(T_T)
  1. 2006/09/11(月) 10:29:01 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

ナチュラルとなちゅらる

立川先生

掲示板でのツッコミ話について。

>ふふふ♪さすがに「乱れ打ち」はしてませんが(^^)

この辺をツッコミと捉えていたのです(^^)
以前にも、同類のパターンが
ちらほらとあったような記憶が。
改めてみると、『そうともとれるよな~』
位のレベルのものなんですが、
ちょっと想像が膨らみすぎかなと思わず自省。
あはは……(笑)
  1. 2006/09/03(日) 00:22:01 |
  2. URL |
  3. 比留間光輝 #-
  4. [ 編集]

めぐる季節の中で…

お返事が遅くなってごめんなさい。皆さん上手に季節問題(?)をクリアなさっているんですね!私ももっと精進しないと^^;

coSiNeさん
現実逃避と考えれば…いいかもしれませんねえ(^^)私も今回の新刊は「実は七夕前に出したかった…」ということからは逃避しています^^;

飛螺多通さん
今回の停電で実害を受けていたら、もっと脳内は仕事を拒否していたかも…^^;
>立川センセはそういう方ではないと感じたり。
いえいえ、単に筆が進まないことの言い訳にしてるだけかも(T_T)

神月さん
それ、ありますよね(^^)私などは描いているのが冬だったので、うっかり8月号原稿を冬服で描いてしまったことも。ベタを塗る前で助かりましたが^^;

比留間光輝さん
ふふふ♪さすがに「乱れ打ち」はしてませんが(^^)ネームはまだ原稿用紙ではない…(汚してもいいや)という気の緩みもあって、アイスを片手に描いたりもします。
季節を意識せずに書けるというのは、キャラが本当に自然に自由に動いているからなんでしょうね(^^)
私はネームの段階でほぼ完成時の絵が頭に出来上がっている性質なので、できれば自分も雰囲気を盛り上げたいほうなんですよね^^;今回も夏なのに冬の曲を聴いて頑張りました。

ゆき兔さん
いいこと聞いちゃいましたvお話を伺ってるだけで雰囲気が出そうですね(^^)私も頑張ります。今回は指定の曲があってそれをテーマに…という依頼だったので思ったより苦労しました(^^)
  1. 2006/08/22(火) 10:22:17 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

追伸

いつもコメントが長くなってすみませんm(__)m
先ほど、声優の林原めぐみさんの自伝を
拝見したことがあり、その中でふと思い出したことが。
声優さんなどの役者さんでは、トレーニングの
ひとつとしてイメージトレーニングが
必須なのだとか。現実では起こりえない
ロケーションの中で役を演じるための練習とのこと。
実際に体験などがあるとまた違うような気がしますが、
物語を提供する立場としても、普段から
こういった積み重ねも必要なのかもしれませんね。
  1. 2006/08/21(月) 20:58:29 |
  2. URL |
  3. 比留間光輝 #-
  4. [ 編集]

季節感

私の場合は小説を書いたりするときまず自分の頭に
(夏に冬のものを書く場合)
「意今は冬の季節夏なんて違う暑いなんて違う・・・。」とつめたいものを食べながら自己暗示をかける。それから書きたい季節のことを少し思い出してみる。
「あ~去年の冬、ゆき兔作ったな~」など
そして冬の雪などが載っている絵やサイトを眺める。
そんな感じです☆
あと冬を感じるならよく買い物なんかでもらうドライアイスをボールなどに入れてその中に水を入れると白い霧が出てくるので冬の感じがどことなくしてくる!!
まあすべて気の持ちようということですね☆
  1. 2006/08/21(月) 18:59:17 |
  2. URL |
  3. ゆき兔 #4iVJoAfA
  4. [ 編集]

物語と季節

原稿、お疲れさまですm(__)m熱中症が気になる季節。ご無理なされませんよう。

私の頭の中では、棒アイス(単価60円のバニラアイス)を6本持って販売している
沙綾ちゃんのような姿が思わず思い浮かべられています(^^)

私の小説の場合。
異世界ファンタジーで世界を旅していようが現代で心の移ろいや情景を描いていようが、
舞台設定は現代日本でいうと春~初夏の間、そして秋。または季節の移ろいをイメージすることが多いため、
年間のいつの時期に書いていたとしてもそれほど抵抗感がなかったりしています。
どうやら夏や冬は省略してしまう癖があるみたいです。
学園ものを書くのに適している頭だという捉え方も出来ないこともないでしょうけれど、まだまだ未熟です。
そういえば今年の4月に投稿した(落ちましたが)ものは、確か12月下旬から書いていました。
真冬の間に春~初夏を舞台にした話を抵抗なく書いていましたね(^^)。
自分自身は、一度話にのめり込むと季節感が全く気にならなくなるタイプだと思います。
こういう時だけは、自分とその周りを客観的に見たりしない方がいいのかも知れませんね。
でも、集中力が切れた時は休んで体調を整えてから再スタートをするようにしています。
そんなわけで原稿が延びる、延びる……(苦笑)いや、こっちの話で。
ネームといいますと、セリフなどの設定段階だと伺えます。
物語の世界にのめり込むまであとちょっとなんでしょうね。
  1. 2006/08/20(日) 08:19:29 |
  2. URL |
  3. 比留間光輝 #-
  4. [ 編集]

季節ですかw

私も夏に冬の話を描いたことがあります。
だけど特に困ったりはしません。
ですが、夏なのに厚着してる子を描くと、
「この子、すごく暑そうに見える・・・」
と思ってしまいますw
  1. 2006/08/20(日) 00:45:13 |
  2. URL |
  3. 神月 #bGFYmkQQ
  4. [ 編集]

季節感なし

こうも暑いとバテそうかもしれませんが皆様ご自愛くださいませ。といってもこんなときに停電すると…あまり考えたくありませんね(これが電気屋の悲しいSAGA~♪)
とはいえ拙者は脳内の季節感が狂ってると一瞬でオールシーズン連想しちゃいますゆえ、夏でも冬の寒さを連想することがあります(クーラーガンガンな部屋に居れば自ずとそうなるが…電力や環境に悪いな)
でも基本的には旬の創作小説を執筆することが多いです。特に何かの記念日モノを書くとなれば当日速攻で仕上げるなんてこともザラですが、それだとギャグ系の作風になりやすいのが悩みの種だったりします。
[Going my way!!]な人だと脳内妄想はお手の物かもしれません。立川センセはそういう方ではないと感じたり。
  1. 2006/08/19(土) 16:49:35 |
  2. URL |
  3. 飛螺多通 #AK5A50jw
  4. [ 編集]

財布はいつも厳冬

わたしゃ現実から目を背けるのは得意なので真冬にビーチの話を書いたり真夏に雪だるま転がしたりなんてお手の物です。
むしろクソ暑い夏だからこそ、クソ寒い雪山遭難ストーリーなどで現実逃避をするのもありなのでは。

ただ単に筆が遅いので冬に書き始めたものが夏になっても終わってないだけだという現実からも目を逸らしてます。
  1. 2006/08/19(土) 13:39:46 |
  2. URL |
  3. coSiNe #9GFVUJSk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/450-aeb81b52
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。