怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【HERO】

今、こっちで再放送してる。かなり前だよね?これ放送してたの。
なんで今再放送?…と思ったら、どうやらスペシャルの放送があるらしい。ほおお~~(@_@;)
以下、ネタバレ含みます。


木村さんが検事。半信半疑で見た記憶がある。でも「破天荒な検事」だったので(いつものことながら)はまり役でしたね。「通販マニア」という設定のため、毎回出てくるベタな(?)通販グッズがツボで楽しみだった。特に真顔で健康グッズにはまるキムタクは見てて可笑しい(^^)

劇中で「映画とかだと絶対、弁護士はHEROで検事が悪役だよな」というようなセリフがあるんですが、確かにそんなイメージは否めない。そこをあえて「検事=HERO」としたところが面白くて興味深いドラマだった。

もちろん松たか子さんも可愛くていいけど、周りが、阿部寛・勝村政信・小日向文世・八嶋智人・大塚寧々(敬称略)だもの。楽しくないわけない。あとどうしても忘れちゃいけないのはバーテンの田中要次さん。この方のことは、今でも見かけると

「…あるよ!」の人

と呼んでます^^;(名前覚えろってか;)

B00005LLDWHERO 第1巻
木村拓哉 松たか子 大塚寧々
ビクターエンタテインメント 2001-07-25

by G-Tools




  1. 2006/06/22(木) 09:27:49|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

検事

もちろん、大切なのは真実。
どちらが善でどちらが悪ということではないと思います。どちらもお仕事ですものね。立場の違う側に付いたときに、闘うのは当然のことです。ただ、一般的なイメージとして多少の偏りがあることに、私はこのドラマを観て気付きました。そして普段あまり触れることのない「検事の目線」を興味深く拝見しました。…とは言っても、あくまでもドラマですから、実際の現場とは違うところもたくさんあるのでしょうね。
近い将来、私たちも陪審員(?)になる可能性があるみたいですから、(マスコミ報道も含めて)偏ったイメージは持たないようにしたいものです(^^)
  1. 2006/06/23(金) 06:54:26 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

>立川先生

話題がズレていたら申し訳ありません。

「クズで最低で最悪の人間を救ってこその、『人権』で『憲法』だ」
と言う司法科研究室の授業の言葉を胸に、犯罪者を「クズで最低で最悪」の所に入れて、心を落ち着かせていました。

偶然、ネット友達の仲間が大学のOBだったので、その話しをした所、

「確かに今の法の社会は、弱者の救済だけではなく、心の貧しい人も対象にしている。

だ・か・ら、ウチの大学は誇りに思っていいと思うよ。いろんな人(真面目から、(犯罪者?浮浪者?)まで)がいるのだから」

と言うコメントを頂きました。

あまり、事件名は出したくないのですが、
「反省のない殺人犯」と
「殺人犯に死んで欲しい被害者の遺族」
がこの所、クローズアップされています
しかし、こんなに勧善懲悪的に事件をマスコミが切っているだけで、見ていいのでしょうか?

私は「反省のない殺人犯」を弁護する弁護士を法曹の道に希望する者として、誇りに思います。

勿論、検察が徹底的に闘ってこその前提があるのですが。
  1. 2006/06/22(木) 21:33:22 |
  2. URL |
  3. 武田明子 #CWUURYHQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/415-a543c93a
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。