怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『夢で逢いましょう』感想

最終回放送からだいぶ遅くなりましたが、感想です。
以下かなりネタバレしています。ご注意を。


正直、地味めなプロローグだったので初めは見続けるのを迷いました。でも毎回見終わると何だか泣いている自分がいて「いいドラマなんだな」と思いました。最終回はやはり昼食時に録画で観たんですが、泣いてご飯が喉を通りませんでした。ふたを開けてみたら、今期一番泣いたドラマになりました。
主人公(矢田亜希子さん)は父と祖母との三人暮らし。母親はすでに他界。小さい頃、自衛官の父(長塚京三さん)が制服姿で運動会に来るのが恥ずかしかったという主人公。その主人公を嫁がせるまでの物語。ある理由から、結婚を急ぐ主人公と父はたびたび衝突してしまう。そしてさまざまな思いを経て親子は、結婚式にたどり着く。「どうしてもお父さんに制服で結婚式に出てほしかった」と定年間近の父に告げる主人公。式の間中、ろくに言葉も交わさず、一滴の涙も見せずに過ごす2人。式が終わり「まだ最後の挨拶をしていない」父を探す主人公。父がいない…。式場を後にする車の中から、落ち込む主人公が見たものは…
制服姿で無言で娘に敬礼する父の姿。
そこでユーミンの曲!…涙が出ないわけないでしょう…!!(T_T)
主人公の父を自衛官としたことで、とっても深みのあるドラマになったと感じています。これが「設定の勝利」ってやつなのね。勉強になりました。

B0009XFI96夢で逢いましょう DVD-BOX
矢田亜希子 長塚京三 押尾学 永井大
ジェネオン エンタテインメント 2005-08-24

by G-Tools


B0009DASFUついてゆくわ / あなたに届くように
松任谷由実 松任谷正隆

by G-Tools




  1. 2005/06/30(木) 09:01:51|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/37-325a7517
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。