怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【白夜行】感想

最初から最後まで、心温まることは一度もないドラマでした。でも目が離せないドラマでした。こんな愛の形って存在するのか。こんな作品ははじめてかもしれません。しつこいようですが小さいお子さんに見せちゃいけません。以下、ネタバレしています。ご注意を。


毎回悲しくて、胸が締め付けられるような展開。でも私はこのドラマではほとんど涙は出なかった。それは多分私が平凡に幸せに育ったから。キレイ事かもしれないけれど、彼らに共感は出来なかった。でも想像して胸を痛めることだけはできた。だってそれくらいしかできない。それくらい壮絶なドラマだった。

主人公2人に言いたいことは『アンフェア』でも書いたから多くは書かない。そんなに一生懸命嘘をつくなら、そんなに一生懸命犯罪を犯すなら、そしてそんなにお互いに醜さまで愛せるのなら、どうして一緒に生きていくことを選べなかったのか。

でも一つだけ泣きそうになったシーンはラスト。笹垣さん(武田鉄矢さん)のセリフ。「あのとき捕まえてやれなくてごめん」そしてまるで父親のように「亮司、こっちこい」。ダクトの中の亮司に、たった一人気付いて探して追いかけ続けてくれた刑事。この2人の絆。でもやっぱり亮司は彼より雪穂を選んだ。

なのに雪穂はどうして亮司と歩くことをやめたんだろう?「死刑台まで一緒に歩いていこう」と言ってたのに。私はそうして欲しかった。多分彼女は自ら生き地獄を選んだんでしょうね。それが彼女の亮司への想い。

ストーリーを作る立場から見ると、小道具・演出がものすごく効果的で秀逸。切り紙・ハサミ・ダクトの中の亮司。太陽・サボテン・雪穂の爪を噛むクセ。松浦の「白夜の写真」。そして『風と共に去りぬ』。とても参考になりました。

私の妹もドラマ好きでよく熱く語り合うんですよ。が、今回は途中で一つ、意見が分かれたことがあって。それは

松浦の行方。いや松浦の死体はどこへいったのか?

妹 「生きてるんじゃない?それか亮司がどこかへ隠したんでしょ」
私 「雪穂の家のサボテンの下に埋まってるんじゃないの?」
妹 「あそこに埋まってるのは、亮司の父親の撮った写真と犯罪写真のネガでしょ」

妹よ、勝ったぞ。(←大人気ない…)

原作本は買ってあるけどまだ読んでないです。
少し時間を置いてから読みたいです。

B000CSUXMAドラマ「白夜行」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 河野伸
ユニバーサルJ 2006-02-15

by G-Tools

4048944703白夜行―写真集
角川インタラクティブ・メディア 2006-03

by G-Tools





  1. 2006/03/26(日) 11:13:25|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

  

コメント

ドラマ

幽霊08さん
あまりに衝撃的な内容だったので、忘れられなくなってしまったんですね。わかるような気がします。
でも、ドラマに限らず、心温まるお話も世の中にはたくさんありますから、そちらをたくさん観て心を癒してみてはいかがでしょうか(^^)元気出してくださいね。
  1. 2008/12/11(木) 11:25:05 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

あのドラマを見て以来
テレビをつけてもおもしろく
見ることができません
どうやったら
忘れることが
できるのでしょうか?
  1. 2008/12/07(日) 10:42:40 |
  2. URL |
  3. 幽霊08 #-
  4. [ 編集]

白夜行

花梨さん
両方ご覧になったんですね(^^)うわ~そうだったんですか。原作は武田鉄矢さんの役の視点で書かれていると聞きました。楽しみですv読んだらまた感想を書きますね(^^)
  1. 2006/03/27(月) 10:00:09 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

幸せを存在したかったの♪


  1. 2006/03/27(月) 09:06:49 |
  2. URL |
  3. BlogPetのここあ #-
  4. [ 編集]

くうううううう。

白夜行…だんだん原作と離れていって
いるようでかなり残念でした。
原作はもっと…すごいんですよう(><)
読み切ったあとの読後感がたまらない!
この物語は、話自体は重く…辛い物語で
人によって解釈は全然違いますねぇ。
原作はもっともっとデティールが凝って
て、ドラマより深みのある物語です。
どうぞ、是非読んでみてくださいね。
そのあとで、また感想を聞きたいですv
  1. 2006/03/26(日) 23:49:23 |
  2. URL |
  3. 花梨 #20b5b2Jk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/343-1ab0f730
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。