怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

混ぜるなキケン

前から疑問だったことがあって。お風呂洗剤なんですが、タイトルのようなことが書いてあるわけですよ。まあ、全く別物を混ぜたらいかんのはわかる。が

同じお風呂洗剤のメーカー違いはどうなん??

詰め替えるときにいっつも悩む。
だってまだ前の洗剤が使いきれないで底に残ってるんだもん(:_;)
でも成分とか微妙に違うのかな、やっぱりやめとこう…。
てな感じでいつも泣く泣く前の液を捨ててから詰め替える。

あ、「いつも同じメーカー買えばいいじゃん?」とお思いでしょう。ですがこれが人に頼んだ場合なんかはメーカーまであんまり細かいこと言えないじゃないですか^^;で、また悩むと。






  1. 2006/04/05(水) 09:17:04|
  2. 日記・ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

  

コメント

洗剤…(@_@;)

ヒラタツさん
やっぱり汚れ落ちのいいものはリスクも高いと思ったほうがよさそうですね。そりゃそうですよね^^;塩素系の洗剤としては漂白剤にも太字で「キケン」って書いてありますね。なんかこういうデンジャーな字を見るだけで怖いです…。

花臣まさきさん
留意しなければならないのは塩素…?ああっ、化学ダメな私はこの辺になってくると頭がくらくらしてきました…^^;どなたか詳しい方がいらっしゃるといいのですが。

比留間光輝さん
>シャンプーや石鹸など(電気的に中性)は、自然界に存在しているものの成分を抽出したものなので、

なるほど…。といいながら難しくなってきた~^^;ホントダメなんですよね私(:_;)化学の成績も散々でした。とりあえずお風呂洗剤に関しては大丈夫そうなので良かったです。
  1. 2006/04/07(金) 08:35:48 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

シャンプー

立川先生

洗剤のようなものは劇薬
(化学性化合物・人間が意図的に合成した
自然界には本来存在しないはずの物質)を
一般家庭でも使いやすいよう非常に薄くしたものに対し
(電気的なイオンを持っているので、異なる性質の物質を混ぜただけで化学反応を起こしガスを発生させる)、
シャンプーや石鹸など(電気的に中性)は、自然界に存在しているものの成分を抽出したものなので、
直接混ぜても化学反応は起きにくいということを、知恵として自然に身に付けてるのではないか?と思いますよ(^^)。
  1. 2006/04/07(金) 01:13:31 |
  2. URL |
  3. 比留間光輝 #-
  4. [ 編集]

疑問。

酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤を混ぜると危険、とおっしゃっている方々にお伺いしたいのですが、それは一体どういう原理なのでしょうか?
酸性のものとアルカリ性のものを混ぜると、中和されるだけのような気がするんですが…。

塩素系の洗剤と酸性の洗剤を混ぜると塩素ガスが発生して危険、というのは理解出来るんですが。アルカリ性の洗剤が全て塩素系…ではないですよね??

不勉強で済みませんが、どなたか分かる方、教えて頂ければ幸いです。
  1. 2006/04/06(木) 22:49:36 |
  2. URL |
  3. 花臣まさき #mcEP4p1M
  4. [ 編集]

混ぜるな危険(爆)

ヒラタツ@学生時代は化学系専攻でした。
そのためアルカリ性・酸性の表示は必ず診るようにしていますが。
酸性洗剤といえばトイレ用のサンポールが代表例ですよね。これにアルカリ性の洗剤を混ぜると化学反応で塩素ガスが発生し、それで人体に危害が及ぶ可能性が高いというわけです。

ちなみに自宅はそんな表示のない洗剤を使っていますが、しつこい汚れにはあまり効き目がなかったり…。
  1. 2006/04/06(木) 12:46:57 |
  2. URL |
  3. ヒラタツ #AK5A50jw
  4. [ 編集]

洗剤

なのはさん
はじめまして!コメントありがとうございますv
私は化学方面のことが全くダメなので、お話伺えて良かったです(^^)大丈夫…そうですね。でも一応アルカリ性かどうか確認します~(^^)
良かったらぜひまたお寄りくださいねv

比留間光輝さん
ありがとうございます。勉強になります。それほど神経質にならなくてもよさそうですね。あ、そういえばシャンプーは気にしてなかったです!どうしてなんだろう^^;体に使うものはそんなに強い成分じゃないと思い込んでいるのかも。
  1. 2006/04/06(木) 10:11:13 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

これなら……

ご無沙汰しています。

その組み合わせなら、問題なさそうですね。
昔のものだと生産中止とかになっていたりするから、迷いますよね。
メーカーを通り越して弱アルカリ性と弱酸性のものを混ぜると、危ないと言うことを聞いたことがあります。
その表示、それ以外はこれといった問題はないという意味なのかなと。それで異常を起こした事例もほとんどないのでは?
私が先生の立場だったら、普段は念のため古いのは水で濯いで捨てて新しいのを入れていると思います。
面倒な時は一緒にしているかも。シャンプーの詰め換えの時と同じように考えています。
  1. 2006/04/05(水) 23:21:55 |
  2. URL |
  3. 比留間光輝 #-
  4. [ 編集]

はじめまして
洗剤は一般的にはアルカリ性で、酸性のものと混ぜると危険です。
ボトルに入れる時だけでなく、お風呂掃除の際、アルカリ性洗剤を
酢・アルコール・漂白剤と同時に使うのもダメです。
同じアルカリ性であれば、他メーカーのもの
を混ぜても特別問題はありません。
うちでは、時たま混ぜて使っています。
  1. 2006/04/05(水) 23:03:26 |
  2. URL |
  3. なのは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/336-a35e6753
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。