怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【神はサイコロを振らない】感想

初回は感動の再会から始まり、中盤で悲しい未来を予感させる展開が訪れ…402便の乗客それぞれの思いを消化しつつ…そしてラストへ。構成・キャスト・演出…全てにおいて丁寧で秀逸なドラマでした。無駄や退屈なシーンもなかった。ただ「泣かせる」だけのドラマでもなかった。楽しかった。切なかった。でもやっぱり(今のところ)今期一番泣いたドラマでした。以下ネタバレしています。


最終回をこんなにドキドキ待ってたドラマは久しぶりな気がします。
10日後に消えてしまう運命だと宣告された乗客たちが迎えた最後の日。私だったらどう過ごしただろう?ともさかりえさんの「普通がいい」というのに私も同感かな。何か特別なことをするでもなく、特別なところに行くでもなく、大切な人のそばにただいたい。そう思ったらこの最終回は涙なくしては観られません(:_;)中盤から泣きっぱなしでした。まあ、このドラマは毎回中盤から泣いてましたが(T_T)

最後のシーンは、普通の恋愛ドラマなら当然ヤッチとテツ。でもこのドラマではヤッチとアキの友情を取りました。それがまた良かった。しかも別れのシーンでは、泣き叫ぶでもなく、ものすごいセリフがあるわけでもなく、「普通に」アキは消えてしまった。まるで「ちょっとそこまで行ってくるわ」みたいな感じで。他の乗客それぞれも…。何だろう、少しずつだんだんと胸に押し寄せてくる切なさ。涙が止まらない…。ああ、こういう演出もあるんだなと感心致しました。私もいつかこういうシーンを目指したい。描いてみたい。

私の希望は、「運命は変えられる」というヤッチのセリフの通りに、テツがマイクロブラックホールを回避して、乗客全員無事な運命が生まれ、10年後につながる…だったんですが。でもやっぱりこの終わり方…ですよね、やっぱり(:_;)納得してる。でも切ないよう。

もし教授の言う「パラレルワールド」があるなら、現実でも、亡くなった人たちが幸せな時間を過ごしている世界がどこかにきっとある。どこかに同時に存在していると思いたい。

4120035948神はサイコロを振らない
大石 英司
中央公論新社 2004-12

by G-Tools




  1. 2006/03/16(木) 10:28:53|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

10年前

いろんなことを考えさせられた良質のドラマでしたね。
>だからこそ、いつ死んでも大丈夫なように、後悔しない生き方をしたいな、と。

私も全く同感です。そして当たり前の毎日に感謝し、大切にしなければ。

アキちゃんの設定は女性ということもあって微妙に10年前の前髪だったり、服装だったりしてるんですよね。でも可愛かったvそして「(いかりや)長さん亡くなっちゃったんだって…」と呆然としたり、流行におくれまいとしてロリータファッションしたり、「勝負下着って何?!」とか、10年前とのギャップにジタバタするエピソードが可愛かったです(^^)
  1. 2006/03/21(火) 12:19:53 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

やっぱり考えさせられました。

中盤は、乗客と現代の人との関わりがメインでしたね。
現代に戻ってきたけれど、喜ぶことばかりではなかった。
死んだことにして諦めていたのに、
今更戻ってこられても困る・・・
↑これは実際ありえますよね。
戦死したと思って別の人と結婚した後に、とか。
なので、ヤッチが結婚してなかったことが
救いだった気がします。
あのまま結ばれて、運命は変わり、
現代でも幸せになってほしかったのですが。
そして乗客たちに一生懸命なヤッチとアキとテツ。
いろいろ調べたり手配したけれど、期待とは大きく違う現実や、
相手を思いあって傷つけてしまうのが、
「世の中そんなものかも」と思えました。
アキがかつての新入社員に会いに行って失望したとき、
「私たちは感謝されるためにやってるんじゃない。
 当たり前のことをしただけだ。」
というヤッチのセリフ。心に残しておきたいと思います。
そして最終回。テツは恋人より乗客や未来を選んだ。
責任感や人を想う気持ちの強いテツらしい選択で、
それを見送るヤッチもヤッチらしかった。
アキと菊坊も恋人とは言えなかったけれど、
無理にくっつけようとするより自然で。
先生もおっしゃるように、自分も、最後の日は
大切な人と一緒にいたいなと思いました。
だからこそ、いつ死んでも大丈夫なように、
後悔しない生き方をしたいな、と。

今回は役者さんにも注目でした。
ヤッチのボケ方とか、アキの一生懸命さが印象的で。
かつてアイドルぽかった人が女優になり、
演技の上手さに惚れることが最近多いです。
あとアキの着てたコート・・・
ボタンがいっぱいでラインも曲線で可愛かったでぃす(´▽`)
  1. 2006/03/21(火) 10:57:27 |
  2. URL |
  3. 藍乃 空 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/333-af3e4d5b
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。