怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子どもの頃、将来何になりたかった?

幼稚園の頃は「ケーキ屋さん」「お花屋さん」って言ってた気がします。小学校の頃からはずっと「漫画家」一本でした。デビューしたときは親戚一同が「ホントになっちゃったんだね~~?!」と祝いの宴を開いてくれました^^;「何しろ恵ちゃん(仮名)は小さい頃、家に遊びに来るなりチラシを欲しがって、一心不乱に裏に絵を描いていたものね~~」…画用紙じゃなくて「チラシ」を欲しがる私…^^;小さいなりに気を使っていたのかな?

でも小学校のときの七夕の短冊には、忘れもしない…こう書きました。

「給食が速く食べられるようになりますように」

「早く」ではなく「速く」です。いつもお腹がすいていたわけじゃないんですよ^^;とにかく食べるのが遅くて。給食って班で食べて片付けるじゃないですか。で、片付け終わった班から外で遊べるわけですよ。私が一人遅いばっかりになかなか遊びに行けない男の子がいて、彼が毎日プレッシャーをかけてくるんです。「あ~あ、早く外にでたいな~」とか(:_;)
…で、ああいうお願い事になりました^^;短冊くらいもうちょっとロマンチックな願い事すればよかったのに(^^)

恒例のFC2TBテーマです♪



  1. 2005/10/28(金) 11:01:00|
  2. 日記・ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

  

コメント

バイエル

こうめいさん
早食いできる人がうらやましかったですよ(:_;)小学生の私にとっては給食は拷問的な量でした。あれ?「早食い」って「早」←こっちですね;使い方間違ったかな?
図書室は私も大好きで良く行きましたよ!割と気に入った本を何回も借りる性質でした(^^)

お姉ちゃんさん
かなりの腕前のようですねv 私も少しだけピアノを習っていたのでわかります。(バイエルのちょい上の本で辞めてしまいました^^;)環境で諦めてしまったのはもったいないですね…(:_;)お察し致します。
私はたまたま他にとりえがなく、極端に悪く言うと「視野が狭かった」ということもあったんじゃないかと思います。それと、親にも良く注意されますが「執念深かった」…。もっと他に楽しいことがみつかっていたら、漫画は描いてなかったかもしれませんね(^^)
  1. 2005/10/29(土) 10:59:03 |
  2. URL |
  3. 立川恵 #cRSUyBrY
  4. [ 編集]

将来の夢・・・

立川先生

こんにちは。

私の小さい頃の将来の夢は「ピアノの先生」でした。ピアノはピアノそのものも高いし、レッスン代も他の習字やそろばん等の習いものを比べるとはるかに高いので、親としては習わせたくなかったみたいなのですが、周りの友達は皆習っていて、ある日、友達のレッスン風景を見た私は、その日家に帰るや否や母に「ピアノを習いたい!」とお願いしました。幸いピアノは親戚のお姉ちゃんから譲ってもらえる事になったのですが(音大に進学するため、グランドピアノを買ったので、アップライトピアノはもういらない、という理由で)、それでも毎月、高いレッスン代を余儀なくされる母が私に出した条件は、「一日最低1時間以上の練習」でした。一日でもサボるとすぐに止めさせると。この条件は、ピアノをやめるまで続くことになるのですが、実は習い始めて4年目に壁に当たってしまい、結局それが元でピアノの道は諦めました。

ピアノを習い始めて4年目、ある日先生に「もう私の力じゃ、これ以上(技術面等を)伸ばしてあげられないと思うの。もっと実力のある先生についた方がいいわ。」と言われたのです。が・・・・・私の実家は田舎なんです。都会だと電車で数分の所に、そういう先生が教えていたりすると思うのですが、私が住んでいた所では、電車で片道1時間以上かかって通わないと一流音大を卒業した先生がいなかったんです。

また、都会だと小学生の子が普通に一人で電車に乗っていたりしますが、田舎ではそんな光景ありえません。小学生だけが電車に乗ると、すぐに車掌さんに発見され、警察から家に連絡されてしまいます。(嘘!と、思うかもしれないけど、事実です。友達が小学生の時、子供だけ2人で電車に乗ったらすぐに補導されてました。)なので、ピアノを習いに行くために電車に乗るには、親の同伴が必要不可欠になってしまうんです。当然、母がそれに付き合ってくれるわけもなく、結局いい先生に巡り合えなかった、という環境のためピアノの道は閉ざされてしまいました。

う~ん、ピアニストとまでの贅沢は言わないけれど、せめてピアノの先生として音楽に係わる仕事をしたかったなぁ…と、今でも思う事があります。大人になった今だと、環境を整えるべく自分でなんとか道を切り開きますが、子供の頃は環境が選べないから、ある意味仕方ないですよね。それを思うと、子供の頃からの夢を叶えた立川先生はすばらしいですよね!

  1. 2005/10/28(金) 15:21:12 |
  2. URL |
  3. お姉ちゃん #hsNHM7I2
  4. [ 編集]

早食いは十八番daga

 図書室で本を読む時間が勿体無いので中学、高校は早食い(5分 クラス最速)してました。早食いのせいか、栄養がちゃんと吸収されてないらしく体格が超軽量型になってる上、高校では図書室にいることが多く、図書委員にも担任から指名されるなど早くても惨事ばかりですTT
  1. 2005/10/28(金) 12:32:13 |
  2. URL |
  3. こうめい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mdiary.blog12.fc2.com/tb.php/173-954c4a2f
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。