怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【風林火山】感想

「軍師」にスポットをあてた物語…ということで、新しい「戦国時代の描き方」を観た気がします。
以下、ネタバレしています。


○ 風林火山

はじめは諸国を放浪していた勘助がどうやって武田軍の軍師にまで登り詰めるのか…。その辺がとても面白かったです。時の権力者(になるであろう人)の視点ではなく、常に誰かに仕える「中間管理職」の視点で見る戦国の世は、またいつもと雰囲気が違う大河ドラマになっていてよかったです。なんていうのかな…主人公に豪華さや跡継ぎをめぐる争いなどはないんだけど、人との出会いとか絆とかそういうものを強く感じさせる作品でした。

信玄や由布姫をはじめ、ミツ・信玄の母・長尾影虎・真田幸隆・板垣さん…。その他、仕官を願い、北条や今川へ…。勘助は本当にいろんな人と直に会いました。今回の主人公は、生まれた時から家が決まっているいわゆる「はえぬき」ではなく、本当に一歩間違えばどこの主君に仕えて果てていたかわからないほどふらふらと不安定な立場でした。でもそれがまた面白かったです。常に何を考えているのかわからない内野さんの演技がまたいい緩急作っていました。

戦略や、戦国時代特有の入り乱れた争いの構図などはちょっと難しかったんですが、あれだけ天下を取ろうという武将が多ければそれも仕方ないでしょう^^;
私が個人的に好きだったのは、勘助と平蔵・伝兵衛・太吉による同窓会的なシーン(^^)(平蔵だけは後に敵方になってしまって寂しかったが)それからリツとのやり取りでみせる勘助の素顔。そして伝兵衛と葉月さんのカップルvこの辺が好きでした。

面白かったのは、勘助の眼帯が位が上がるとバージョンアップするところ(^^)確かはじめは藁で編んだ眼帯だったのが貝になって家紋入りになって…。
それから影虎(ガクトさん)が一人だけロンゲのまま戦場に出てたこと。あれは演出上のこと?それとも実際に当時可能だったの??一人だけかなり目だってたなあ、と(^^)
それから信玄が出家したら、家臣たちも「みんな坊主」になったところ。見事にみんなつるつるになってましたねえ。でも「坊主が戦場で殺生」ってありだったの??


4149233454風林火山 (前編) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
井上 靖 大森 寿美男 NHK出版
日本放送出版協会 2006-12-20

by G-Tools



スポンサーサイト


  1. 2007/12/27(木) 11:23:44|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

【医龍2】感想

面白かったです!!ず~っとドキドキしました。
前作と比べても全然パワーダウンしてなかったです。
以下、ネタバレしています。

○ 医龍2
加藤ちゃんがいないことに加えて、鬼頭先生は冷たいし、早々にチームがバラバラになってしまったので、「あ~~つまらなくなっちゃうのかな」と思ったんですが全然そんなことなかったです。新しいチームに入るであろう方々にもさまざまな問題があって、それをひとつひとつ乗り越えていくことによって更にチームの結束が固まる…まるでRPGのようです(^^)

じゃあ、ラスボスは野口教授か^^;

そしてpart1のデータを引き継いで益々パワーアップするチームドラゴン(^^)

片岡さんのキーホルダー・野口教授のアロワナ?・北洋の院長室の鳥のおもちゃ(名前がわからん)…随所で効果的に使われる小道具にも感心。

好きなシーンは書ききれないんですが、
同窓会を楽しみにしているご婦人の話。最後にご夫婦で歩道橋を昇るシーンは涙が(:_;)
大塚寧々さんの話。ラストの再会のシーンはよかったv
野口教授の手術。あれは緊迫しました。
そしてもちろん最終回。一秒たりとも見逃せないシーンの連続で、見終わって久々に(いい意味で)
疲れました。
でも、荒瀬先生の「おたちだ~~い」を聞くと、患者さんの気持ちになってなんか安心するのもいいですv

さあ、そしてここからです^^;なんといっても

木原先生とたわむれる伊集院先生。
初の?執刀医をこなす伊集院先生。
苦悩する伊集院先生。
ドナー心を運ぶ伊集院先生。


萌えました~(^^)
これはどうしても続編を作ってもらわないと。まだまだ観足りないです。


B000VZK7YI「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック
TVサントラ 関山藍果 スティーヴ・ヴァイ
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) 2007-11-28

by G-Tools






  1. 2007/12/25(火) 12:23:47|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

【ガリレオ】感想

今期は観てるドラマが4本+大河と少なかったので、リタイヤはないです。

や~~福山さん、かっこよかったですねえ。メガネ似合う(^^)
あ、ちなみに私は原作はまだ読んでないです。
以下、ネタバレしているかもしれません。



○ ガリレオ
ドキドキハラハラというスリルはなかったけれど面白かったです。
私が化学や物理に相当疎いせいか、謎解きに関してはさっぱり先が読めませんでした^^;
だから面白かった…というものあったのかな?
それからウツミ刑事(柴咲コウさん)と湯川教授の微妙な関係も楽しかった。
人間(の感情やウェットな部分)に全く興味を示さない湯川教授が、ときどき見せる人間っぽいところがいいですね。好きだったシーンは、船室に閉じ込められて携帯電話を一生懸命投げるところ。そして広末涼子さんの回は泣きました。欲を言うともっと湯川教授のクセとか好物とか素顔が見たかったなあ。
最終回。木島先生がコウちゃんにやらかした装置?(セット)は正直ちょっと目がテンだったけど、二人のやり取りは緊迫感があって面白かったです。
続編も充分作れそうなので、ぜひv

4167110075探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 2002-02-10

by G-Tools




  1. 2007/12/22(土) 13:37:06|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

TOP絵更新

サイトのほうがちょっとバタバタしておりまして…
やっとTOP絵をクリスマスにすることができました(^^)
こちらは下絵。
ちょっと誰だかわからないかも。
diary156.jpg

これでもまだわからないかも。
髪の色が特徴です。
そして女の子の衣装。バックのツリー。
見覚えある方がいると嬉しい!
diary157.jpg

わかりましたか?
ここまで塗ってスカートの色を変えたくなりました。
diary158.jpg


完成作品は本家サイトのTOPにあります。
blogからお越しの方はぜひ見に来てくださいね(^^)



  1. 2007/12/14(金) 11:11:48|
  2. 制作近況|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

好きな家事、苦手な家事

何がキライかというとアイロンがけが一番キライです^^;

特にシャツとか…。あの身ごろの立体的な部分をうまくかけるのに、いつも四苦八苦です。不器用なだけなんですけれどね。お恥ずかしいことに、あまりにキライなので、シャツを選ぶときはつい「形状安定(アイロンいらず)」タイプのものを探しちゃいます^^;

あと掃除機をかけるのもあんまり好きじゃないです。音が苦手で。
可能なところはモップなどで拭いてすませます。

比較的好きなのは料理と皿洗いv
それから洗濯も好きですね。

あ、時々お茶碗などを漂白すると漂白剤の臭いがしますよね。
いつも学校のプールを思い出してちょっとブルーになります。
寒くて辛かった…(T_T)
やっぱり匂いって記憶を呼び覚ますんだなあ…。


お題提供:【FC2TBテーマ



  1. 2007/12/05(水) 09:35:19|
  2. 日記・ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。