FC2ブログ

怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

2007年4月期ドラマ

なかなか時間が作れなくて新しいドラマを見るのが遅れてます。(録画はしっかりしてあるんですが…(:_;))今期は迷ってる物も含めて観たいドラマが多いです。でも時間的に全部見るのは不可能。この先どうするかはそれぞれの出来次第でしょうか。どれだけ飽きさせずに見せてくれるかですね(^^)
いつものように拝見続行を決めたものだけ(中にはまだ微妙なものもありますが)初回感想を書きたいと思います。ネタバレしているかもしれません。



○ セクシーボイスアンドロボ
ちょっと変わった雰囲気で面白かったです。特にニコちゃんが可愛いv…ので、しばらく観ると思います。それにしても、松山ケンイチさんというかたは役によってガラッと変わる方ですね~。やっぱり注目の新人だけありますね(^^)

○ バンビ~ノ!
ちょっと自信過剰な主人公を松本くんが一生懸命演じていて好感度大(^^)脇を固める方々も期待できそうです。(北村さんの色目使い?が怖いよう)独特の構成やカット割りの早さにドキドキさせられます。主人公の成長が楽しみ。個人的に気になるのは「ほっしゃん」なんだけど。一回目、一言もしゃべってない…^^;

○ ライアーゲーム
これまた珍しいテーマを持ってきたなと思ったら、やっぱり原作漫画あるんですね。主役の女の子が上手なのか、演出がうまいのか、とっぴな設定にもかかわらずすっと感情移入できて、一緒にドキドキした。一億円の借金はいやだよう(T_T)まあ、心理戦はいまのところ先が読める程度のレベルですが…今後に期待。

○ プロポーズ大作戦
面白い話だなと思いました。過去と現在を行ったりきたりしながら展開するんですね。 で、主人公の行動で未来の写真がちょっと変わる。最後は山Pとハッピーエンドになるの?!これからどうなるのかとっても楽しみです。山下くんの時々見せる切ない表情に「きゅーん」とさせられます。少女漫画的なお話に向いてる男の子だなと思う。コミカルな演技も上手だし、いい役者さんになりそうですね。あと「ツル」くんが楽しい。彼、金八先生に出てた男の子ですよね。それからどうしても気になって気になってしょうがないのが
榮倉奈々ちゃんのスカート丈。
男性じゃなくてもドキドキハラハラするよう^^;

○ わたしたちの教科書
菅野美穂さんもとうとうお母さん役かあ…。ちょっとショック^^;伊藤淳史くんの先生っていうのが妙にリアルでイイ。ちょっと熱血で時々ちょっと鬱陶しいような先生(^^)。「こんな先生いるいる」って感じ。ストーリーはどうやら深刻な題材に挑戦するみたいですが、見守りたいと思います。

○ 警視庁捜査一課9係
うわ~~vv帰ってきたあvv
パート1が終わってから、SPの放送があったので「これは2も期待できるかな」と思ってました(^^)個性的な登場人物たちのコミカルな演技は健在。それぞれのコンビのかけあいを楽しんでいるうちに事件がどんどん進行していく、秀逸な脚本。派手さはないけれど、ハラハラさせる演出もうまい。初回からドキドキしましたよ。これはもう拝見続行決定v


ここから下は拝見続行か微妙なドラマ。まだ迷ってます。
最終回の感想がなかったら、リタイヤしたと思ってね^^;


○ 特急田中3号
ユニークな題材だけに好みが分かれるんだろうなあ…と思うドラマ。でも「旅を語る会」が開催されているわりにいまいち「どこへ行きたいのかまだわからないドラマ」なんだけど^^;つまり、鉄道の素晴らしさを描きたいのか(この時間帯の番組でそれはあまり考えられないけど)、恋愛物にしたいのか、友情物なのか、主人公の成長物なのか。まだ見えない。とりあえず私は田中くんのはじけた演技が気になるので、もうちょっと観ようかと(^^)ロバートの秋山くんがいい味だしていて楽しいですv

○ 喰いタン2
やっぱり帰ってきましたねえ(^^)キャラクターなど前作と変わらないのが嬉しい反面、内容もほとんど変わってないのがちょっと物足りないかな…。途中で飽きてしまわない限りは観ると思います。

○ 花嫁とパパ
これはまた王道を持って来ましたね(^^)父親と娘のドラマは多いと思うんですが、もうちょっと個性があるといいなあ。それを期待してもうちょっと拝見。田口くんの演技がなんだか面白いvなんであんなに「ほわほわ」してるんだああ。しかし、時任さんもすっかり「お父さん」…。

○ 生徒諸君!
主人公の学生時代を描いた原作は読みました。今回のドラマは原作があるのかな?やっぱり新規の学園ドラマは『金八』『GTO』『ごくせん』を超えることが目標になるので大変だなとの印象。直球で勝負しようとすると、どうしてもどれかがかぶっている感が否めない。どちらかというと、私が読んだ原作にあった『ナッキー、男子校に行く』のほうが面白かったんじゃないかな~(^^)本郷奏多くんとクラス内に存在する謎の権力者?が気になるのでもうちょっと拝見。


○ 『冗談じゃない!』 VS 『夫婦道』
なんで2本まとめてかと言いますと、このドラマ(本筋はそれぞれ多分違うんですが)一部扱ってる設定が同じ。つまり
親子ほど歳の離れた男女の結婚。
武田鉄矢さんと草刈正雄さん。この両父親は自分と歳の変わらない男に娘を嫁がせるという設定。そして石倉三郎さんと織田裕二さん。これ娘さんをもらうほう。あの、両方観てもらわないとわからないとは思うんですが、愕然としました。
設定が同じなのにこの違いはなんなんだ?!
見比べると「織田さんと草刈さんのルックスにごまかされてる」気がしてしょうがない。(すいません、かなり失礼なこと書いてますね)だってどう観ても
武田・石倉組のほうがリアルだもの。
石倉さんが挨拶に来たときに「まーくんのお父さんですか!」と武田さんが勘違いしたのが可笑しかった。武田さんにしてみたら、晴天の霹靂だよね。自分と同い年の人が娘の恋人だなんて。
そう思って観ちゃうと織田・草刈組のほうはどうしても「都合いい」感が否めなくなっちゃう。やっぱり見た目が若ければあっさり許せちゃうもんですかね~(^^)
そんなわけでこちらの2本も迷い中。時間があったら観るかな…。
両方で気になった点がひとつずつ。
大竹しのぶさんの役はコミカルを通り越してちょっと怖い^^;
武田鉄矢さんのあの「天を仰いで嘆く」演技は何であんなに可笑しいんだろ(^^)

スポンサーサイト





  1. 2007/04/27(金) 09:57:34|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
 ∥HOME