FC2ブログ

怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

【僕たちの戦争】 感想

今回の作品は読みきりですが、納品が12Pごと。一回目の〆切に無事間に合いました。先ほど発送(^^)さあ、すぐに2回目納品に向けて始動だ。


仕事をするのにTVをつけたらたまたま放送してた。SPドラマ『僕たちの戦争』。そのまま一気に引き込まれて最後まで観てしまった。以下、ネタバレあり。

時間がないのであまりたくさん書けませんが、あまりに印象的な作品だったので。現代の若者と戦時中の若者の中身(精神)が時間を越えて入れ替わってしまう物語。森山未來くんが2役を見事に演じました。

それぞれが飛ばされた時代の中で、自分が生きる意味を知るケンタ。「国のために死ぬんじゃない。認めてもらいたいからだ。それは何時の時代も変わらない」そうだよ、ケンタ。大切なものを見つけてね。闇雲に信じていた戦争の意味を考えるゴイチ。「こんな世の中にするために英霊たちは死んでいったのか!!」ごめんね、ゴイチ。私たちは、君たちに恥ずかしくない生き方をしてるかな…。

「ミナミ、ミナミ」と繰り返しながら、敵に特攻するシーンの森山くんの演技には鳥肌が立ちました。ミナミの元に帰ってきたのはどちらだったのか…。観るものに選択させるラストも考えさせられて良かったです。

欲を言えば、もっと時間をかけていろんな葛藤を伝えてほしかった。
これはSPじゃなく、10回くらいかけて放送するべきだと思う。

4575510866僕たちの戦争
荻原 浩
双葉社 2006-08

by G-Tools





スポンサーサイト





  1. 2006/09/18(月) 10:25:22|
  2. TV・ドラマ・映画|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2
 ∥HOME