怪盗はAM2:00
少女漫画描きのラブリーな毎日?(実はそうでもないです^^;)他愛無いひとりごとや近況、お知らせなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クリスマスプレゼント!

歯の治療ですが、無事に生還致しました^^;お騒がせ致しました。
それはまた次回に。

さて、もうすぐクリスマス。
私にはもうすぐ3歳になる甥っ子がいます。
今まではまだオモチャも「お母さん(私の妹)の希望」を聞いて贈っていたのですが、ようやく甥っ子本人の好みが出てきたようなので…。
「クリスマスは何が欲しい?」と聞くと「虫の本がいい」とのこと。
(どうやら本命プレゼントは他にあるらしい。でもそれを贈る栄誉はお婆ちゃん(私の母)に取られてしまったようなので)

いや~~探した探した~(@_@;)有名なこちら
4033280103はらぺこあおむし
エリック=カール もり ひさし
偕成社 1989-02

by G-Tools

はもう持ってるらしいので、その他で探した。

3歳じゃまだ図鑑は難しいだろうと思って、絵本を探したんだけど「虫」を題材にした本は案外ない。さんざん迷ってこちらにした。レビューが楽しそうだったので。
4052010191はっけんずかん むし
海野 和男 中村 みつを
学習研究社 1998-10

by G-Tools


それからもう一冊。こちらは完全に私の好み^^;男の子だから…恐竜。気に入ってくれるかな?どうかな?飛び出す絵本なんだけど、TVの紹介で見たらすごい迫力だった。彼はちょっと怖がりなところがあるので、お母さんに「まず事前にチェックしてから渡してねv」とお願いしておきました(^^)
0763622281Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs: Dinosaurs (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
Robert Sabuda Matthew Reinhart
Candlewick Pr 2005-07-12

by G-Tools


しかし素朴なギモンなんだけど…

なんで男の子ってが好きなの?!

…そんなわけでちょっとバタバタしてしまって^^;
コメントへのお返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい。
少しずつ致しますので少々お待ちくださいね(^^)

スポンサーサイト


  1. 2006/12/21(木) 16:44:35|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

憧れのヒーロー・ヒロイン

ヒーローかどうかはわかりませんが、スナフキンですね(^^)
子供の頃憧れたな~vv 「彼を見てギターを習い始めた」って人、わりと私の周りにいますよ。

こちらの本は「夏まつり」となってますが、やはり北欧のかたが書いた物語のせいか、暑さはあまり感じられず、むしろちょっと不気味でちょっと背筋がゾクっとするようなお話です(^^)ホラーじゃないですよ。雰囲気が、です。夏に読むにはオススメです。

それにしても、いつも「ムーミン屋敷」にはたくさんの住人がいるみたいですが、どうやって生計を立てているんだろう…。あ、そういうことは考えちゃいかんですね^^;

お題提供:【FC2TBテーマ】

4061380931ムーミン谷の夏まつり
トーベ・ヤンソン 下村 隆一
講談社 1979-08

by G-Tools




  1. 2006/08/07(月) 10:22:47|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:8

【ぐるんぱのようちえん】

子供にこの本を読んであげる、携帯電話のCMがありますよね。
で、これを見たらしい仕事仲間が、

「【ぐるんぱ】って何?」

と聞くので、覚えてる限りはじめからストーリーを話してあげた。
私は小さい頃この本を持っていたから。
「ぐるんぱ」は主人公の象の名前。
身振り手振り交えて夢中で話してるうちに…

泣けてきた。

やっぱりいい話だよ…これ(T_T)大人にもぜひ読んでほしい。

誰にだってきっと「居場所」は必ずある。
自分を必要としてくれる人は、どこかに必ずいる。

4834000834ぐるんぱのようちえん
西内 ミナミ 堀内 誠一
福音館書店 1966-12

by G-Tools





  1. 2006/06/19(月) 08:48:43|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

未熟者【伊賀野カバ丸】

私が小学校~高校時代に読んでいた主な漫画雑誌は、もちろん「なかよし」。そして「りぼん」と「別冊マーガレット」です。中でも「別マ」は中学のときに毎月友達とお小遣いを出し合って買って、学校帰りに通学路にあった公園で一緒に読んでました。早い話が完全に「寄り道」です^^;読みながら笑ったり、感想を言い合ったり…楽しかったなあv で、そのときに私たちが最も楽しみにしていた漫画の一つがこの作品でした。
(古い作品ですが、一応)以下ネタバレしています。

とにかくギャグがハゲシクて(?)ストーリーが痛快で面白かった。(今気が付いたが、こちらも男の子が主人公だ…)だって、ポリバケツのお弁当箱なんて誰が考え付く?!毎月繰り出される卒倒しそうなギャグに夢中でした。
あ、主人公は確か伊賀忍者の末裔。でも食べ物のことしか考えてない。(あっ、すでにもう影響受けてるところが^^;)この作品の持つテンポやギャグ手法・キャラ立ちなど、明らかに影響は大きかったと思います。

大好きだったのは麻衣ちゃんがカバ丸くんの良さに気付くシーン。
それからキャラはみんな好き。静寝さまやお兄さんたち・かおるさんも疾風くんも蘭おばあちゃんもスーおばあちゃんもみんなかっこよくて…どっか変です。(←失礼っ^^;)面白いですよv

ちなみに…この漫画で初めて覚えた言葉も多かった。「達筆」とか「金科玉条」とかね(^^)

4086172755伊賀野カバ丸 (1)
亜月 裕
集英社 1997-07

by G-Tools





  1. 2006/04/12(水) 10:12:04|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

【めぞん一刻】ドラマ化?

うわさ聞いたんですけど。キャストは未定(未発表?)だそうです。
某掲示板ではキャスティングを巡って祭りになってるとか。
私も好きな漫画の一つなので(高橋留美子さんの作品では一番好き)本当なら黙ってられない…勝手にキャスティングだ(^^)あくまで立川の主観なので怒らないでね。

○管理人さん: 松嶋菜々子さんがいい…年齢的にちょっと無理?
        そしたらミムラさんか石川亜沙美さんかなあ。

○一ノ瀬さん: 渡辺えり子さんか柴田理恵さんv

○二階堂くん: 小池徹平くんかV6の三宅くん。

○三鷹さん: 松岡修造さん…というのは無理だろうから^^;
       藤木直人さんか谷原章介さん。

○四谷さん: 篠井英介さんか古田新太さん。
       渡部篤郎さんのゆる~い演技でも楽しそうv

○五代くん: 浮かばない…(:_;)ジャニーズ系でないことは確か。
       妻夫木聡さんか山田孝之くんあたりかなあ。
  
○朱美さん: 飯島直子さんか鈴木紗理奈さん。
       管理人さんが若い女優さんなら真鍋かおりさんでv

○こずえちゃん: 乙葉ちゃん

○八神いぶき: 女子高生だからなあ…。ブルマー姿&制服可じゃないと^^;
        三倉まなちゃんかかなちゃんv

○九条明日菜: 長谷川京子さん

○坂本くん: 佐藤隆太さんがいい!

結構悩むなあ。
本当にドラマ化されたら、漫画に思い入れがあるだけにキャストによっては見ないかも^^;ちなみにかつての実写版は…立川の中では封印ってことで。ごめん(:_;)
409192171Xめぞん一刻 (1)
高橋 留美子
小学館 1996-12

by G-Tools




  1. 2006/03/13(月) 11:26:19|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

【ちいさなうさこちゃん】

確か私がはじめて買ってもらった本です。最近はこのキャラクターは「ミッフィーちゃん」で通ってますが、私にとってはどうしても「うさこちゃん」。

母の話によると、毎晩これを読み聞かせていたら、私は字も読めない時期にこれを全文、そらで暗記してたそうです。母が読み始めると一緒に暗唱したそうです。まあ、たいした文章量じゃないんですがね。それにしてもその暗記力をなぜ学生時代に生かせなかったのか…。
4834000265ちいさなうさこちゃん
Dick Bruna 石井 桃子
福音館書店 2000

by G-Tools


「うさこちゃん」シリーズはいくつかあるんですが、これも確かもってました。『うさこちゃんとうみ』。
で、今気付いたんですが…

か、海パン?!

うさこちゃんって女の子じゃないの?!「うさ」だよね?!
もし男の子だったら私の大切なものの何かが崩れそうだ(@_@;)
4834000222うさこちゃんとうみ
Dick Bruna 石井 桃子
福音館書店 2000

by G-Tools


*********************************************************

ここあ占い:血液運わるそう
しばらくすると少し慣れて、私が近づいても逃げなくなるでしょう。


B型ってそんな風に思われてるの?!(冗談です^^;)




  1. 2006/02/11(土) 11:34:15|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

すずめ談義

冬は時々我が家のベランダにスズメがやってきます。
どうやらモモの餌がこぼれているのを拾って食べているみたいです。
しばらくすると少し慣れて、私が近づいても逃げなくなりました。
母がそれを見て「可愛いねえ」と近づくと、スズメは飛んでいってしまいました。私は、母がよくハサミを片手に私のベランダの草花をこっそり剪定してるのを知っていたので、

「きっと【舌きりスズメのおばあさん】だと思われているんだよ」

と冗談を言いました。すると母が

「舌を切るのはおじいさんでしょ?」
「ちがうよ~おばあさんだよ」

その流れで、「大きなつづらと小さなつづら」は覚えているんだけど、「そもそもの発端ってなんだっけ?」ということになって。

「恩返しじゃなかったっけ?」
「スズメを助けたのがおじいさんなら、おじいさんは舌切らないでしょ」
「そっか」
…などなど、話が盛り上がりました。

でも話の発端についてはわからずじまい。
忘れてるもんですね、昔話。…調べてきます。

***************************

…ただいま(^^)
そもそもスズメを可愛がっていたのはおじいさんで、そのスズメがおばあさんの洗濯のりを食べてしまったので、おばあさんが舌を切ってしまったのですね。
思い出した思い出した。

それにしても『舌きりすずめ』。小さい頃の私に話して聞かせてくれたのはあなたっすよ、母さん(T_T)

4753413551昔咄きりがみ舌切雀
安野 光雅
岩崎美術社 1996-04

by G-Tools


↑この本欲しい…。



  1. 2006/02/03(金) 09:54:03|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

ぐりとぐらのカステラ

『ぐりとぐら』のカステラ。知ってます?

お菓子作りは全くダメな私ですが、思わず買おうかと思ったレシピ本。新聞広告で見つけました。食べ物の美味しそうな物語ってすごく良く覚えてますよね。(私だけ?)そのレシピが乗ってるらしいんですよ!!私が知ってるメニューだけでも

○『ぐりとぐら』のカステラ
○『ハイジ』の黒パン・白パン
○『赤毛のアン』レモンパイ・タフィー
○『長靴下のピッピ』ジンジャークッキー
○『ちびくろ・さんぼ』ホットケーキ

などなどが掲載vv
特に『ぐりとぐら』のカステラと『ちびくろ・さんぼ』のホットケーキは本気で食べたかった…!
でもハイジのレシピならチーズははずしちゃいかんと思う(^^)
『赤毛のアン』と言えばわたしは「マリラのスグリのお酒」。ダイアナが酔っ払っちゃったあれv私はお酒はダメだけどちょっとなめてみたい。あと、これらには載ってないんですが『メリー・ポピンズ』に出てくる「星の飾りのついたパン」と「飲む人によって味が違う飲み物」(?)あれも味見してみたい…vv

この本、かなり欲しくなってるんですが、やっぱり買ったとしても…多分作らないと思う^^;(どうしてだか半端なく苦手なんですよ…お菓子は)だれか作ってくれる人探そう…(:_;)

4796646051e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ ~絵本とお菓子の幸せな関係~』
きむら かよ 晶子 鳥越 美希
宝島社 2005-04-28

by G-Tools
4796648151絵本からうまれたおいしいレシピ2~絵本とお菓子の幸せな関係~
きむら かよ 晶子 アコ
宝島社 2005-08-29

by G-Tools

4834000826ぐりとぐら
なかがわ りえこ
福音館書店 1967-01

by G-Tools





  1. 2006/02/01(水) 09:41:49|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

アカイカワラヤネ【いらかの波】

実はサイトにも書いてるんですが、漫画を仕事にするようになってから「趣味として漫画を楽しむ」ことが出来なくなりました。どうしても研究材料として読んでしまうので、純粋に楽しめなくなったのが主な理由なんですが…。(これは漫画家全員がそう感じるわけではないです。むしろ私のようなケースは珍しいと思います)
そんなわけで1990年頃からは資料としてしか漫画を読んでいません。
でもそれ以前には私にも大好きで本当に楽しんで読んだ漫画があったわけで…。
漫画家が漫画の話をできないのも寂しいので、好きだった漫画を少しずつ紹介していければと思います。1990年以前の作品が主ですから、知らないという方はごめんね(:_;)

当時好きで好きで夢中になって、初めて書店を何軒も探し回って買った漫画がこれです。
『いらかの波』。
多分「夢中になった」という意味では初めての作品だったのでは。
確か「別冊マーガレット」にかなり長期にわたって連載された漫画です。主人公は男の子。彼の破天荒で何をしでかすかわからない展開が面白くて、サブキャラも個性的な人ばかり。そしてどこかリアルな学園風景が大好きでした。少女漫画的なロマンチックなシーンはほとんど(いや全く?!)なかったです。確か渡くんと茜ちゃんはお互いきちんと告白もしなかったよね?手をつないだのだってダンスのときくらい?でも渡くんの

「オレ、茜が好きだから」
ミッチに告られたときにはっきり言ったシーンは大好きでした。何度も何度も読みました。

もちろん今でも当時の単行本で持っています。
多分、皆さんが「飛鳥Jr.が好きです」と言ってくださるのと同じような気持ちで、私は当時主人公の渡くんが好きでした(^^)
どこが…かは自分ではわからないけれど、きっとすごく影響を受けているんだろうなと思います。

4086176335いらかの波 (1)
河 あきら
集英社 2000-10

by G-Tools





  1. 2006/01/24(火) 10:24:14|
  2. 本・漫画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
 ∥HOME次のページ

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。